知ってた?女性の健康と女性ホルモンの関係性

健康
この記事は約4分で読めます。

女性の健康は女性ホルモンと密接な関係があります。
女性ホルモンの変化によって思春期から成熟期へ移行し、さらに更年期へと進みます。
ライフサイクルによって体の変化があるため、変化に応じたヘルスケアが重要になります。

人間の体は様々な臓器や組織で成り立っていますが子宮や卵巣、乳房は女性特有の臓器です。
体の臓器や組織は、それぞれが複雑に結びつき協力し合って健康を維持しています。
内分泌腺でつくられるホルモンは、臓器や組織が安定して活動できるようにコントロールする物質です。

内分泌腺でつくられたホルモンは、血液によって全身に運ばれます。
ホルモンを調節する司令塔の役割は、脳の中の視床下部が担っています。
指令は視床下部から下垂体、さらに各分泌腺へと伝わってホルモンが分泌されます。

女性の卵巣でつくられている女性ホルモンには2種類あり、ひとつが卵胞ホルモンです。
卵胞ホルモンのエストロゲンは女性らしい体をつくり、妊娠の準備に関わります。

もうひとつの黄体ホルモンは、妊娠を維持する役割を担っています。
約28日間の周期で起こる月経も、女性ホルモンの働きによってコントロールされます。
2種類のホルモンは女性の生活をサポートする重要な役割を持ちますが、バランスの乱れが不調につながるケースもあります。

分泌量は年齢により変化し、特にエストロゲンの量が変化すると大きな影響が出やすいです。
思春期に月経が始まると、月経困難症など月経に関する様々なトラブルが起こるケースもあります。
妊娠に備えて卵子が育つと、子宮内膜が着床しやすい状態になります。

子宮内膜が剥がれ落ち、出血が起こる現象を月経と呼びます。
卵胞ホルモンのエストロゲンは分泌量が月経から排卵の間に増え、黄体ホルモンは排卵から次の月経までの分泌量が増えます。

デリケートなホルモンバランスの上で成り立っているのが月経で、心や体に不調を抱えていると月経周期にも影響します。
月経前に倦怠感や乳房の張り、イライラなどの症状が出てきた場合はPMSの可能性があります。

PMSは月経前症候群とも呼ばれ、体の不調だけでなく心の症状が出やすいです。
日常生活にも支障が出るくらい症状が強い場合は、PMDDと診断されるケースもあります。
心身に辛い症状が出ている場合は、産婦人科を受診します。

産婦人科では具体的な症状などについて問診を行い、他の病気との関連を調べます。
PMSやPMDDと診断された場合は症状に合わせてホルモン剤や漢方薬、鎮痛剤などが処方されます。
自宅でのケアも大切で、リラックスする時間を設けて食事にも気を付けましょう。

成熟期に入ると、子宮筋腫や子宮内膜症など女性特有の疾患が出る人もいます。
エストロゲンの分泌は年齢と共に低下しますが、急激に分泌量が減ってしまうのが更年期です。
更年期になると、更年期特有の悩みを抱える女性が増えます。

更年期から老年期に入るとエストロゲンが守っていた血管や骨、皮膚などの機関でトラブルが起きやすくなります。
女性が健康な人生を生きるためには、習慣化した心身のケアが大切です。

男性より女性の方が発症しやすい病気や、女性特有の病気について事前に把握しておきましょう。

子宮内膜症や子宮筋腫も、女性特有の病気です。
子宮の内膜以外の場所に、子宮内膜に似た組織ができてしまうのが子宮内膜症です。
子宮内膜症は20代から40代に多く、月経がある女性の10%程度が発症します。

月経を重ねると進行して症状が強くなるため、早めの受診が大切になります。
血液は骨髄でつくられる体にとって重要な体液で全身に栄養やホルモン、酸素を送り届けています。
日本女性は貧血で悩んでいる人が多いですが、貧血は赤血球の中に含まれているヘモグロビンが少なくなっている状態です。

ヘモグロビンの量が少なくなると組織に十分な酸素が届かなくなり、様々な不調の原因になります。
思春期に多いのが鉄欠乏性貧血で、特に偏食や無理なダイエットをしている女性に起こりやすいです。

妊娠から授乳期は赤ちゃんに栄養を与える時期なので、母親が栄養不足で貧血を起こすケースがあります。
栄養バランスを考えた食事を摂取するようにして、貧血にならないように気を付けましょう。

成熟期の女性は鉄欠乏性貧血に加えて、他の病気が原因の貧血にも注意が必要になります。
消化器系や婦人科系の病気で出血が続いても貧血になります。
40代後半から50代前半の更年期は、月経量や月経周期の異常による貧血に注意しましょう。

閉経が近付くと月経周期が短くなり、貧血を起こしやすくなります。
更年期以降はガンや消化器系の病気など重大な病気が隠れているケースがあるので、異常を感じたらすぐに医療機関を受診しましょう。

女性が毎日を健やかに快適に暮らすためには十分な栄養と睡眠、適度な運動が基本です。
栄養が不足すると、体はもちろん心にも悪影響を及ぼします。

ストレスが溜まると胃腸などに影響が出やすくなるので、ストレスを溜めないように気を付けましょう。