隣の席の変な先輩5巻 あらすじ ネタバレ【朝日向「俺たち、相思相愛なんだよな…?」】

隣の席の変な先輩5巻 あらすじ ネタバレ【俺たち、相思相愛なんだよな…?】TL系
この記事は約7分で読めます。
クロエ
クロエ

ことりちゃん、今日はどんな漫画を紹介してくれるの?

ことり
ことり

今回紹介するのは、うすくち先生の『隣の席の変な先輩 5巻』です!

クロエ
クロエ

前話ではいろいろとギリギリで危機は脱したけど、
この後がある意味怖いわ…。

ことり
ことり

うん、まぁ、たぶんクロエの予想通り…かな…。笑

クロエ
クロエ

ごくり…。

ことり
ことり

では、まずはあらすじから、どうぞ~!

↓まゆみ、貞操の危機…!?

隣の席の変な先輩 5巻のあらすじ

念願の営業部に配属された三度の飯よりイケメン大好き芽吹 まゆみ【めぶき まゆみ】
そんな彼女は直属の先輩である根暗男、朝日向 明男【あさひな あきお】に大層好かれていた。

ストーカーの様に自身の事を知る朝日向の事を気持ち悪く思っているまゆみだが、ひょんな事から二人きりで泊まり込みの残業する事に。
初めて面と向かって話をして、朝日向という人物の人となりを知ったまゆみ。

しかし、残業中つい居眠りをして起きてみると、そこには朝日向が自身のマツタケを出している場面を目撃してしまう。

慌てるまゆみを捕まえてマツタケを触らせ、ついには自慰の手伝いまでさせる朝日向。
当然怒るまゆみだが、朝日向が自分のタイプドストライクのイケメンだと知り強く出られなくなってしまった。

自分がまゆみ好みの顔を知ったからか、いつにも増してスキンシップが激しくなっていく朝日向。
その悩みを同僚のとも子に相談すると、とも子は逆に利用して調教するべきと斜め上のアドバイス!!

まゆみはすぐに却下しつつも、調教ではなく教育だったら良いのではと思いつき、飴と鞭戦法で実行する。
が、それも朝日向にうまく利用されてしまい、朝日向を真人間へ変える教育はあえなく失敗。

翌日、出社すると朝日向は風邪を引いており、原因はまゆみだと主張され半強制的に看病をする事に。
そこでも2人の距離は縮まるのだが、自分の心の変化に動揺を隠せないまゆみは朝日向への気持ちを振り払う為にとも子と合コンに参加。

そこで出会った国宝級天然イケメンの倉井【くらい】と仲良くなるが…?

隣の席の変な先輩 5巻のネタバレ

その日、在庫室でまゆみは朝日向からの猛攻を防いでいた。

理由はまゆみが3日も風邪で休み、尚且つ部署の人間は連絡先を知っていたのに、自分だけが知らなかったからである。

前日の看病の一件があったせいか朝日向は今まで以上に積極的になっており、その違和感をまゆみは指摘する。
すると朝日向はきょとんとした顔をしたあとに、衝撃のひと言を口にしたのだ。

だって、俺たち、そ、相思相愛なんだよな…?

その言葉を聞いたまゆみは驚いて問い詰めると、朝日向は照れながら回想を始めた。

ひとこと
今回の暴走の原因も、きっとロクな事じゃない笑

今回の物言いは、まゆみが風邪で休んだ事から始まった。

まゆみに看病されすっかりと元気になった朝日向は、同僚の佐藤ら3人に囲まれ風邪からの復帰を祝われていた。
その時、1人から「一人暮らしで不便だったろ」と聞かれ、朝日向は「つきっきりで看病してくる人が居る」とぶっきらぼうに答える。

まさかの返事に一瞬だけ思考が止まる3人組。
しかし、すぐに”彼女”ではなく、母親か幻、もしかすると二次元ではないかとこそこそ推測を始める。

こそこそとは言っても、それなりに大きい声で話し合っているものだから内容が聞こえてムッとする朝日向は、

…ちゃんと生きた現実の女の人ですけど

とあの日のまゆみを思い出し、ぽーっとしながら反論した。
その様子にお互い視線を合わせて思考する3人組だったが、すぐに状況を理解したのか「彼女か!?」と朝日向に詰め寄った。

朝日向は彼女ではないと否定すると、3人組は「脈あり」だとか「相手も告白を待っている」だとか面白半分にアドバイスしていく。
アドバイスを真に受けた朝日向はネットで悩みを相談すると、回答者からも3人組と同じような答えが返ってくるではないか。

どちらとも自分にとって都合のいいものばかりで、とても気分が良くなったのは言うまでもない。
まゆみが元気になり出社すると、冒頭のように積極的に迫るようになったのであった…。

一方のまゆみは、朝日向の勘違いを訂正しようと躍起になっていた。
しかし、後ろから回っている腕の力が強い上に、顔が良くて強行突破が出来ない。

それに最近自分でももしかすると「朝日向さんのこと…」と考えが浮かんでくるようになっているので、まゆみは否定しようとも出来ないのである。
そうこうしている間に朝日向の手は着実に進み、まゆみのシャツはいつの間にか全開になっていた。

止めようにも朝日向はデートや初体験の計画まで勝手に始める始末。
朝日向の妄想を止めるのも、下着やスカートに侵入する手を止めるのも、どちらも中途半端な状態で流され始めるまゆみ。

息を荒くし、”このままいっそ――…”と思っていた矢先だった。

ねえそこをなんとか!上玉揃ってるからさ~

はだけた胸元、スカートに侵入する男の手、上気した男女の頬。

その現場へ侵入し目撃したのは、何やら必死に電話をしていたとも子だった。

………………あ

両者とも固まり、「違うの!」とすぐに言い訳を始めるまゆみ。

とも子は状況を把握すると、にんまりと笑顔になって電話の相手に伝えた。

やっぱり大丈夫になったわ!これでメンバー揃ったから!

まゆみはすぐに合コンの事だと気付き拒否するが、とも子に「今回だけ私を助けると思って、ね?」と言われて考えを変える。

――朝日向の妄想計画を断るに丁度いい理由になる、と。

そうとなれば朝日向には「とも子と飲みがず~~~っと前から決まっていて」と今日行けない事を伝える。
朝日向はあからさまに落ち込んでいて、その様子にまゆみは良心を痛めたがなんとか振り払い、合コンに参加することとなった…。

ひとこと
捨てられた子犬の目のようなをしている…。

乾杯~!

合コンも始まり、イケメンが居てお酒を飲めて上機嫌のまゆみだったが、いくらお酒を飲んでもどうしてか先ほど見た朝比奈の寂しそうな顔が頭に浮かんでくる。

まゆみちゃんって呼んでもいいかな?

それを振り払うかのように、まゆみはタイミングよく話しかけてくれた男性、倉井【くらい】と会話を始めた。

気を取り直してその男性の顔を見ると、そこには眩しいばかりのイケメンが…!!
しかも冷酒をフーフーしたり、天然発言をしたりと中身は意外と可愛らしい。


国宝級天然イケメンで話を聞くのも上手い倉井に、まゆみはひと時の癒しを手に入れるのであった…。
しかし、そんな穏やかな時間は不吉な音で幕を閉じる事となる。

ザクッ ザクッ

その音は、何かの肉にナイフを何度も突き立てている音だった。

音源は倉井の背後のテーブル席で、そこに黒いオーラを纏いながら座っていた人物にまゆみは顔を青くする。

な、なんでこんなとこに…っ

ひとこと
倉井さん、後ろ後ろー!

↓逃げてー! 倉井さーん!↓

隣の席の変な先輩 5巻の評価

ストーリー
5.0
エロさ
4.0
胸キュン
5.0
総合評価
5.0

隣の席の変な先輩 5巻の感想

まさか朝日向が風邪のおかげ…せい?であんなに自信を付けるとは思いませんでした笑
まゆみも自分の気持ちの変化に驚きを隠せていませんでしたね。

まだまだすれ違いがあるでしょうが、きっとまゆみの事だからなんだかんだで朝比奈に押されて流されてしまうんでしょうね…笑

今回、後半ではさらに新キャラが出てきました!
最初は珍しく爽やかなイケメン…!と思っておりましたが、最後で…。

まゆみはまゆみで後半にいろいろとありますし、気になる感じで話が終わっていました。
次回が気になります…!

クロエ
クロエ

朝日向は、なんというか、身体は大人、中身は子どもというのかしら…。

ことり
ことり

純粋…な気もするけど、計算してる気もするというか…。

クロエ
クロエ

それは分かるわ。まゆみが好きだから、猪突猛進になっちゃうのよね。

ことり
ことり

一途で良いんだけど、突っ込みすぎるのが玉に瑕だよね笑

クロエ
クロエ

今後できっと変わって行く…と信じてるわ…笑

ことり
ことり

さて、今日はここまでにしておきましょう!
それでは皆さん、次回もお楽しみに~!