【髪の豆知識】髪の健康状態と栄養について

【髪の豆知識】髪の健康状態と栄養についてヘアーケア
この記事は約4分で読めます。

良い髪の状態にしたい時、積極的に摂取した方が良い食材として昆布もしくはわかめなどの海藻類が挙げられる事例が多いですが、より健康的かつ美しい状態にしたい時には毛が構成されている仕組みを理解しつつ栄養を摂取しましょう。

毛の仕組みを理解して摂取する物を選定した方が良い理由は、毛の大部分が18種類のアミノ酸が結び付く事により生成されているケラチンが由来であるためです。
昆布またはわかめに関してもアミノ酸は含まれていますが、十分に補うには海藻類のみならず他の食材も摂取する事が欠かせないので、特にケラチンの根源でもあるたんぱく質をきっちりと摂取すべく質が良いたんぱく質が得られる食材選びをしましょう。

たんぱく質と言えば肉などの動物性の印象が強いですが、元来野菜を多く摂取する習慣がある日本人においては野菜の方が身体に適していますし、スムーズに吸収する事も可能なので豆腐または大豆などからたんぱく質を摂ると良いです。

動物性のたんぱく質を摂取したい時には魚介類を選び、肉を口にしたい時には湯通しなどを行って油を取り除いてから口にすると身体に優しいです。

そして、身体の中に十分にたんぱく質が摂取できていても各組織に運んだり髪の毛の生成に活かすにはサポート役になってくれるビタミンも欠かせないのでAやB6、Eなどの各ビタミンも1つずつ得るようにします。
ビタミンAはほうれん草や人参など日常的にサラダやおひたしなどで摂取しやすい野菜から得られる上に、身体の中に摂取された後は髪の毛に限らず爪や皮膚も美しくなります。

ビタミンB6はマグロなどが多く含んでいるため魚介類から動物性のたんぱく質を得るきっかけにもなりますし、ビタミンEはナッツ類にも多いためおやつなどでナッツを食べつつ、健康的な組織を生み出すための材料が体内に蓄積できます。

また、髪の毛は身体の末端に存在している様子から身体の中に良い働きをしてくれる栄養が蓄積できていてもしっかりと血液が流れていなければ末端まで届ける事が困難なので、血液の流れを良好にすべく玉ねぎとにんにくも食べましょう。

そのように、玉ねぎとにんにくで血液の粘度を下げて隅々まで行き届けられるようにすれば末端まで良質な栄養を含んだ血液が届きますが、組織を生み出す毛母細胞はミネラルが不足していると本来の働きをする事が困難であるが故に、ヨウ素や亜鉛などでミネラルを補います。
しかも、ヨウ素は基礎代謝を高めたり成長力を向上させる働きも兼ねているので、髪の毛が伸びる速さを速くする事ができる上に生えてくる髪の毛は元来よりも艶が出ます。

亜鉛はたんぱく質を合成させる働きに長けているため、生み出される毛の量が多くなる様子から抜け毛で悩んでいる方にとって頼もしい働きをしてくれる上に、頭皮の状態が健やかではなくても良質な毛が生み出されて成長していく土台作りに繋げられます。

ミネラルを摂取する時にポイントになるのは適切な量を摂取する事なのでヨウ素であれば2グラム分の昆布を目安とし、亜鉛なら2個分の牡蠣を目安にしましょう。

有名な温泉地などに行くと口にする事ができる温泉水がありますが、温泉水などに含まれているゲルマニウムという栄養も毛のためには大事な成分として知名度が向上しています。
ゲルマニウムが身体の中に入ると従来よりも酸素を取り込む量が増やせるので、新陳代謝が高められて健やかに毛が成長します。

現在生えている本数などはこれまでと大きな違いは見られないものの、色味が薄くなってきていて白色が目立つようになってきている時には予防に役立つ栄養を取り入れましょう。
毛が白くなってしまうのは黒くするメラニンが不足している事が関係しているのですが、山椒はメラニンを生み出す力を再び強くしてくれるため再び黒々とした様相になれますし、合わせてホップエキスも得るとホップエキスが持つ活性力や運動能力が高まる働きによって細胞が活発になり、尚一層黒々とした頭部に戻れます。

山椒はうなぎなどにスパイスとしてふりかけて使用可能である上に、ホップエキスはビールに含まれているので大人であれば美味しい料理や飲み物に舌鼓を打ちながら大切な栄養の摂取ができます。

このような優れた働きをしてくれる成分を身体の中に摂取する時には食べ方についても見直すとより良く、忙しく過ごしていても毎日同じ時間に食事をするようにしましょう。

毎日異なる時間に食事をすると生活リズムが一定のリズムで刻まれなくなってしまうので、身体の各機能の様子もバランスが乱れてしまい健康的な組織が生み出されにくくなります。
そのため、同じ時間に食事をするように心がけながら深夜には食事をしないようにし、内臓などに血液が集まってしまう事を防ぎましょう。

さらに、健康的かつ美しい状態にすべくヘアケアも引き続き行うようにする事も大事であり、優しく梳かしたり刺激が無いシャンプーなどを用いて洗う事も必要です。