お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!~ 10巻 あらすじ ネタバレ【二人が初めての大喧嘩…!?】

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!~ 10巻 あらすじ ネタバレTL系
この記事は約6分で読めます。
クロエ
クロエ

ことりちゃん、今日はどんな漫画を紹介してくれるの?

ことり
ことり

今回は、お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 10巻の紹介をしていくよ!

クロエ
クロエ

ライバル出現で嫉妬しちゃった鮫島…
清子はどうなるの!?

ことり
ことり

二人の関係が順調だったからちょっと心配だね~

クロエ
クロエ

前回を見逃した~><!」って方はこちらを先に見てくださいね~!
↓↓↓
お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 9巻のあらすじとネタバレを見る

ことり
ことり

まずはあらすじから、どうぞ!

↓今すぐにコミックで絵を見ながら読みたい方はこちら!↓

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 10巻のあらすじ

雪野 清子(33)【ゆきの きよこ】は苦労して見つけた婚約者に逃げられたショックにより、上司の鮫島 成悟(35)【さめじま せいご】と酔った勢いで一夜を過ごし、更に結婚までしてしまうが、紆余曲折を経て2人は本当に結ばれる事に。

両親への挨拶を終えて旅館に泊まり、深く愛し合った2人。
帰り道、鮫島が改めて清子にプロポーズをし、半年後に返事をする事に。

そして、改めて2人の夫婦生活が始まるのだが、そこに昔世話になったという結婚式場の社長の朝日【あさひ】が登場する。

なにやら清子に顧客以上のただならぬ感情を持っている事に気付いた鮫島は、嫉妬に駆られ清子と初の大喧嘩に…!?

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 10巻のネタバレ

彼にあまり近づかないで欲しいな

急にそんな事を言われ戸惑う清子が何とか良い人なのだと弁解しようとするが、鮫島は聞こうとしない。

清子の口から他の話なんて聞きたくないと強引に事を運ぼうとする鮫島だが、

君は俺のものだ

という台詞に清子の堪忍袋の緒が切れる。
仕事モードの口調で鮫島に抗議する清子だが、鮫島も引けない。

小さな言い合いをしていく内にお互いの意地の張り合いが始まり、ついには喧嘩に至ってしまう2人。

これ以上話し合っても仕方が無いと考えた清子がお風呂場へ向かおうとすると、鮫島は「今日は一緒に寝ない」と宣言する。
一瞬寂しそうにする清子だが、喧嘩している手前そんな事は言えず怒りに任せて了承するだけ。

お風呂場で鮫島に対してムカつきながらも、1人になった事により少し冷静になる清子。
お風呂から出て寝る時、先程の宣言通りベッドに居ない鮫島にやはり寂しさを覚える清子なのであった。

一方の鮫島は、ソファに横になりため息と共に呟いた。

やっぱり清子とはダメだ

ひとこと
お、落ち着いて二人とも…!

翌日、有言実行をした鮫島は清子を起こす事無く仕事へ向かった為、清子の出社は遅刻ギリギリだったのは言うまでもない。

息を整える間もなく、清子は同僚の女性である伊藤【いとう】と一緒に支店長室へ呼ばれ、昇進のチャンスを与えられる事になる。

女性起用のイメージアップ人事だと見え見えの昇進話だが、2人ともまたとないチャンスにやる気満々だった。
それはもちろん伊藤と営業成績で争うことになるが、お互い正々堂々勝負する事を楽しみにしている様子だ。

この勝負に勝てば清子念願の役職者になれるともあって、嬉しさから鮫島へ報告しようとするが、すぐに我に返り喧嘩している事を思い出す。
つまらない意地を張るが、すぐに鮫島の為にと何かとやろうとしてしまうのも惚れた弱みと言うのだろうか…。

ついにはマンションの入り口で見つけた鮫島に後ろから飛び付き、勢いで昇進話を報告する始末。
あまりに嬉しかったのか、興奮で喧嘩の事は頭からすっかり無くなっていた。

鮫島に指摘されて初めて気が付く清子だが、鮫島ももう怒っておらず、嫌われていない事に安堵して清子を抱き締めた。
部屋に着くなり鮫島はソファの上で正座をし、清子に頭を下げて昨日の非を詫びた。
清子も意地を張りすぎたと同じく正座で頭を下げる。

鮫島が嫉妬した事を素直に伝えると、清子は自分が特別だと言われている様に感じた。
昨夜一緒に寝られなかった寂しさから、清子はたまらず訊く。

今夜は…ベッドで寝ますよね?

頬を赤くした鮫島はそういう意味でかと期待するが、すかさず否定される。

しかし、諦めないのが鮫島の良い所だろう。
仲直りの手始めに、一緒にお風呂に入る事に―。

ひとこと
一件落着ね!

全身泡まみれで鮫島に洗われる清子。
胸を執拗に攻められてしまっては否応なしに感じるしかなかった。

泡でぬるぬる滑る手の感触にあっという間に潤ってしまった清子に目敏く気が付いた鮫島は、「困った」と白々しい事を言いながら秘密の場所にシャワーを当てる。
どうやらこれ以上を期待させてしまったようだ。

シャワーの水圧で当てられた場所全部が熱くなっていく清子は、鮫島に「やめて」と懇願するが、鮫島は一向にやめようとしない。

今までの清子ならされるがままだったのだろうが、意を決して鮫島に反撃をしかけた。

いつものお返しですぅ~

自身のそれを清子に掴まれ、動かされるとさすがの鮫島も感じてしまうのは言うまでもない。

我慢できなくなった鮫島はシャワーを壁に掛けると、清子を壁に手をつかせ脚を閉じさせた。
自身のソレを清子の太ももの間へと滑り込ませる。

薄い膜越しではないダイレクトに感じる鮫島のソレに清子は赤面して「ベッドに向かおう」と言うが、鮫島はすぐに却下した。

もう君を我慢できない

たったそれだけの台詞だが、清子がトロけるには十分だった。
清子が熱く擦れるそれに夢中になるのに、それほど時間は掛からなかった。

シャワーに当たりながら重なってしばらく、清子は自然と鮫島に擦り付いている事に気が付いていない様だった。
気持ち良さを求めているからか、自分がどうなっているのかも気が付いていない。

そんな貪欲さに鮫島は気を良くしたのか、清子に言う。

君が自分でいやらしく腰を振って俺に擦り付けてるのは自然なことなんだよ

ボーッとする頭で鮫島に言われた事を考えていた清子は、すぐに自分が何をしているのか気付いた。
羞恥心から逃げ出そうとするが、お風呂場で暴れられては危ないからと鮫島は抑えようとする。

しかし、その時―。
ずるり、と清子の中にハッキリとした熱い感覚が入ったのが分かった。
脈打つそれは今までの行為の中でも感じた事の無いものだ。

清子は振り返って鮫島に確認しようとするが、鮫島はいつにも増して興奮した顔をして清子を止める。

滑って生で入った…。これ以上止められない

ひとこと
事態を飲み込んだ清子、これからどうなる!?

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 10巻の評価

ストーリー
5.0
エロさ
4.0
胸キュン
3.0
総合評価
4.0

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 10巻の感想

いかがだったでしょうか?

ライバル登場で嵐の予感でしたが、とりあえず一難は去りましたね。
でも、まだ根本的な事が解決していないので、清子にはまだまだ頑張ってもらうしかないでしょう笑

それにしても、初めてのまともな喧嘩回でした。
ですが、清子の鈍感さといいますか、素直さが功を奏してこれ以上拗れずに仲直り出来たので良かったです!

次回は何やらライバルが仕掛けて来そうですね…。
でも、この2人なら大丈夫だと信じています…!
怖いような楽しみなような!

↓コミックで絵を見ながら読みたい方はこちら!↓

クロエ
クロエ

喧嘩も2人の愛を育む道具にしかならなかったわね…。
それにしても、あの朝日って男、清子の元婚約者と何やら関係がありそうな…。

ことり
ことり

出た!
クロエの観察眼!

クロエ
クロエ

私の目は確かなのよ…!

ことり
ことり

ひ、否定は出来ない…!

では、今回はここまでにしておきましょう!
それでは皆さん、次回をお楽しみに~!