お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 14巻 あらすじ ネタバレ【メモ回し事件の犯人はまさかのあの人…!?】

TL系
この記事は約7分で読めます。
クロエ
クロエ

ことりちゃん、今日はどんな漫画を紹介してくれるの?

ことり
ことり

今回は、お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 14巻の紹介をしていくよ!

クロエ
クロエ

ここに来てまさかのライバル出現…!?

ことり
ことり

女同士のバトルがここで始まるかも!?

クロエ
クロエ

前回を見逃した~><!」って方はこちらを先に見てくださいね~!
↓↓↓
お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 13巻のあらすじとネタバレを見る

ことり
ことり

まずはあらすじから、どうぞ!

↓今すぐにコミックで絵を見ながら読みたい方はこちら!↓

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 14巻のあらすじ

雪野 清子(33)【ゆきの きよこ】は苦労して見つけた婚約者に逃げられたショックにより、上司である鮫島 成悟(35)【さめじま せいご】と酔った勢いで一夜を過ごし、更に結婚までしてしまうが、紆余曲折を経て2人は本当に結ばれる事に。

両親への挨拶を終えて旅館に泊まり深く愛し合った2人。
帰り道、鮫島が改めて清子にプロポーズし、半年後に返事をする事に。

そして、改めて2人の夫婦生活が始まるのだが、そこに昔世話になったという結婚式場の社長である朝日【あさひ】が登場。

なにやら清子に顧客以上のただならぬ感情を持っている事に気付いた鮫島。
嫉妬に駆られ清子と初の大喧嘩になるも、すぐに仲直りして2人はまたラブラブに。

しかし、清子の誕生日の朝、職場に朝日が現れ融資を理由に清子に迫る。
そして、何故か婚約破棄についてまで知っているらしく、清子は仕方なく朝日に連れられ料亭の個室で話をする事となるが、鮫島が颯爽と現れ清子を無事家へと連れ帰った。

結局、誕生日プレゼントだったレストランへは行けなかったが、鮫島はちゃんと他にもプレゼントを用意していた。

鮫島の愛情を感じ、幸福を感じる清子。

ある日、仕事がうまく行かない清子を見た鮫島は清子をピクニックへと誘い出すが、そこで元支店に勤務していた本田みおと出会ってしまい…!?

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 14巻のネタバレ

自身の愛犬メロンちゃんと見つめ合ったかと思えば、何かシンパシーを感じ取ったのか一緒に駆け出し遊ぶ鮫島を見て本田は呟いた。

さめじま…かちょう…?

いつも見ている鮫島の姿とかけ離れたはしゃぎ様に、混乱するのも無理はない。
清子は「言いたいことは分かる」と恥ずかしさ半分で同意した。

ピクニックシートの上で並んで座る本田を、清子は「話とは何だろう」と盗み見ていた。
元の支店にいた時は特に仲が良かった訳でもなく、むしろ自分は嫌われていた様なと分析する。

一方の本田と言えば、鮫島を眺めながら「鮫島課長元気ですよねー」と切り出す。

今ウチの支店大変なのに

この言葉が無ければただの世話話で終わったのだが。
思ってもいなかった内容に、清子は不意打ちを食らった。

本田曰く、支店一番の戦力であった清子が抜けたのが理由で、融資課は穴埋めでバタバタらしい。
鮫島が言わなかったとはいえ、思ってもみなかった悲惨な現状に清子は言葉も出ない。

ちなみに清子が育てていた三上はロクに契約は取れず、素行不良で左遷出向されたとか。

ひとこと
やっぱり…というか、なんというか…笑

そんな…これから育つかもしれなかったのに

前の支店で何をされたのかを覚えていないのか、本気で落ち込む清子に本田はばっさりと言い放つ。

ほんっと雪野さんってお人よしというか…空気読めないっていうか鈍感っていうか

体中の空気を吐き出すかのように深い深いため息をつきながら言った本田の言葉は、グサグサと清子に刺さっていく。

真実を未だに知らない清子に、本田は続ける。
清子が鮫島と結婚するきっかけになった、あのメモ回し事件の犯人は三上だと。

融資課の皆が知っている事実を今更知った清子の驚き様に本田は呆れた。
三上の事をそれなりに可愛がっていたのにと落ち込む清子に、本田は「だからじゃないですか?」と返す。

仕事できないヤツほどプライド高いっていうか
まぁ三上くんの気持ちもわからなくはないけど。
私も雪野さん苦手でしたから

本田から吐き出された本音に、清子はドキッとした。

本田は家庭と仕事の両立を目指したかったのに、清子といえば昼休憩は取らないわ残業しまくって自己犠牲で業績を上げまくるわで一人ブラック企業状態。

それを見た上司はそれが普通だと思い込んでしまって、本田たち一般職に対して「一般職は気楽で良いよね~」と常々嫌味を言われる日々…。

今思い出しても腹の立つあのクソジジイどもの顔に、本田は怒りを露わにしていた。

その様子を見ていた清子は、不意に過去鮫島から「君の下では働きたくないな」と言われた事を思い出した。
まさしく、本田の言っていた事その通りだったのである。

改めて自分が部下にどう思われていたか、いかに自分勝手だったのかを自覚した清子はうなだれた。

私…嫌われて当たり前よね

そう呟いた清子だったが、本田は「別に嫌いではないですよ」と何の事やらという表情。
そして、すぐに気が付く。

あー!やっぱり誤解してたー!

突然の指摘に驚く清子を無視して本田は続ける。

言っておきますけどメモ回しを止めて捨てたのは私ですからね!

思わぬ事実に驚くと同時に本田の事を見直す清子に、本田は言った。

私は窓口の仕事に誇りを持っているし出世より接客と技術を極めたい
雪野さんとは仕事に求めているものが違うってだけで…働く女性として尊敬はしています

少し照れた表情で清子の目をしっかりと見つめながら伝えてくれた本田に、清子は感動した。

話もひと段落した頃、十分に遊び終わったのか鮫島とメロンちゃんが満足気な表情で帰ってきた。
どこで何をして遊んだのか、鮫島もメロンちゃんもドロドロだ。

汚れを拭こうとハンカチを濡らしに行った清子だが、こっちも仕事以外はポンコツだからか自分がずぶ濡れになって帰ってくる始末。

踏んだり蹴ったりではあるがこの2人の姿が本田にとっては新鮮らしく、すっきりとした表情で帰って行った。

改めて本田と話した事で分かり合えた清子は、会話をする事の大切さを実感した。

ひとこと
話し合わないと分からない事はたくさんあるもんね…。

本田には「なんとかなる」と言って別れた鮫島は、清子を連れてラブホに訪れていた。

休日である故混んではいたが、なんとか取れた部屋へと入って行く。
十年以上ぶりのラブホに驚きが止まらない清子は、部屋に牢屋と拘束台が設置されている事に気が付いてしまう。

そう、鮫島が取った部屋はSM用だったのである!

ドロドロになった体を洗い終えた鮫島が清子の隣に座ると、小さなキスを清子の口や瞼へ贈る。
なんとなく醸し出されている雰囲気に、清子は聞いた。

あの…やっぱりするんですか?

すると、鮫島は当然の様に言う。

するよ
せっかくのホテルなのに…君は我慢できるっていうの?

鮫島の手は下へと延びて行き、ショーツの上から清子の敏感な部分へ触れると…。

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 14巻の評価

ストーリー
4.0
エロさ
5.0
胸キュン
4.0
総合評価
4.0

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 14巻の感想

いかがだったでしょうか?

最初の方では本田がメモを回していたと思っていたのに、まさかの捨てていた側だったとは…!
誤解してごめんよ…本田さん…。

三上君は、案の定というか。
天罰が下ったと思うしかありませんね。
清子にも力強い味方がいっぱいいたみたいで良かったです。

個人的にですが、この2人が話をしている時のはしゃいでいる鮫島とメロンちゃんも見たかったです笑

そして、最後は鮫島が清子の事を好きになったきっかけが少し明らかになりました…!
それは清子の黒歴史も少し含まれますが笑

↓そのきっかけが気になる方はこちら!↓

次回は鮫島の気持ちが分かるのかもしれないですね!
楽しみです…!

クロエ
クロエ

清子はきっと鈍感なおかげでここまで生きて来れたんだと思うわ。

ことり
ことり

見てたらけっこう傷付きやすいから、いちいち素直に傷付いてたら持たないよね。

クロエ
クロエ

そうそう。
でもこれからは鮫島に心身共に守ってもらえるから良かったわー!

ことり
ことり

クロエも…いや、なんでもないです。

さて、今日はここまで!
それでは皆さん、次回をお楽しみに~!