お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 16巻 あらすじ ネタバレ【清子「別れてください」鮫島「分かった」】

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!~ 16巻 あらすじ ネタバレ【清子「別れてください」鮫島「分かった」】TL系
この記事は約7分で読めます。
クロエ
クロエ

ことりちゃん、今日はどんな漫画を紹介してくれるの?

ことり
ことり

今回は、羽柴みず先生の『お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 16巻』の紹介をしていくよ!

クロエ
クロエ

2人で仲良くていい雰囲気だったのに、清子が急にあんなことになっちゃったのよね…。

ことり
ことり

鮫島だけでなくて私もびっくりだった!
一体どうしたのかな…。

クロエ
クロエ

前回を見逃した~><!」って方はこちらを先に見てくださいね~!
↓↓↓
お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 15巻のあらすじとネタバレを見る

ことり
ことり

まずはあらすじから、どうぞ!

↓今すぐにコミックで絵を見ながら読みたい方はこちら!↓

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 16巻のあらすじ

雪野 清子(33)【ゆきの きよこ】は苦労して見つけた婚約者に逃げられたショックにより、上司である鮫島 成悟(35)【さめじま せいご】と酔った勢いで一夜を過ごし、更に結婚までしてしまうが、紆余曲折を経て2人は本当に結ばれる事に。

両親への挨拶を終えて旅館に泊まり深く愛し合った2人。
帰り道、鮫島が改めて清子にプロポーズし、半年後に返事をする事に。

そして、改めて2人の夫婦生活が始まるのだが、そこに昔世話になったという結婚式場の社長である朝日【あさひ】が登場。

なにやら清子に顧客以上のただならぬ感情を持っている事に気付いた鮫島。
嫉妬に駆られ清子と初の大喧嘩になるも、すぐに仲直りして2人はまたラブラブに。

しかし、清子の誕生日の朝、職場に朝日が現れ融資を理由に清子に迫る。
そして、何故か婚約破棄についてまで知っているらしく、清子は仕方なく朝日に連れられ料亭の個室で話をする事となるが、鮫島が颯爽と現れ清子を無事家へと連れ帰った。

結局、誕生日プレゼントだったレストランへは行けなかったが、鮫島はちゃんと他にもプレゼントを用意していた。

鮫島の愛情を感じ、幸福を感じる清子。

ある日、仕事がうまく行かない清子を見た鮫島は清子をピクニックへと誘い出すが、そこで元支店に勤務していた本田みおと出会ってしまう。

なんやかんや、清子と本田の間にあった誤解も解けラブホへ向かった鮫島と清子が更に仲良くなると思いきや、まさかの別れ話になってしまい!?

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 16巻のネタバレ

落ち着いた?

鮫島は温かい飲み物を清子に渡すと横に座って体調を気遣うが、清子がまだ本調子ではないことに気付き、そっと肩を自分に引き寄せた。

泣いている「妻」を放っておく「夫」がいる訳ないと言う鮫島に、清子は気持ちが冷えていく。

今日はもう寝ますね

清子は布団に潜り、鮫島に背を向けて横になる。

鮫島は清子の体の具合が悪いわけではないことを確認すると、清子は黙って頷いた。
清子は本当はすぐにこのまま後ろから抱き締めて「好きだよ」と囁いてほしかったのだ。

でも、鮫島は自分を好きな訳ではない。
口が裂けてもそんなことは言えなかった。

ひとこと
それをちゃんと伝えなきゃ…!

朝、清子は鮫島が日課のジョギング中に家を出た。
帰って来てから鮫島に会うのが気まずく、清子は憂鬱だった。

今までは鮫島のことを好きなれたらいいのにと思っていたのが、いざ好きになってみると肝心なことを鮫島に訊けなくなった。

こんなに苦しい思いをするなら、ずっとあのままで良かったのに

そんなことを考えていると、鮫島が帰って来た。

迎えに玄関まで出る清子は、熱でふらふらの鮫島を目の当たりにする。
病院にと慌てる清子に鮫島は寝不足だからとベッドに横になってすやすやと寝始めた。

数時間後、ようやく起きた鮫島はベッドの横で泣きながら座っている清子を見つけて驚く。
今度は鮫島が慌てて清子にどうしたのか聞くと、清子は「自分のことばかりな上に鮫島の体調にも気付けなくて妻失格だ」と言った。

鮫島は清子のせいではないとすぐに否定し、不安になっている原因は何かと聞いた。
清子はその質問に答えずただ謝り、俯いて言う。

別れてください

鮫島は言った。

わかった。いいよ離婚しよう

引き出しから離婚届を取り出し、半年後の返答次第で必要になると思い用意したと渡す。
夫側の署名欄には既に記入されており、あとは清子が記入するだけだった。

清子は震える手でペンを握り、届けに手を伸ばす。
しかし、書き始めてすぐに鮫島はその手を握り動きを止めた。

でも、理由はちゃんと聞かせて。納得できない

いつになく真剣な表情に、清子は気持ちを我慢できずに泣きながら言った。

私…好きなの。成悟さんが好きなの

ぼろぼろとひたすら涙を流しながら、清子は好きだと言った。
だが、鮫島はどうして自分を好きなのが理由で別れることになるのか分からなかった。

清子は鮫島に「好き」だと言われたことがないからだと答える。

君を好きに決まっているだろう!!

という鮫島に、清子は噛み付いた。

言われてないもん!

ひとこと
確かに、さっきはともかく今までは言われてないよね…。

↓試し読みしたい方はこちら!↓

鮫島は「引かずに言わなくても伝わるだろう。今まで一度も愛されてると感じなかったのか」と言う。
清子は「そんなもの自分の勘違いかもしれないじゃないか」と負けじと言い返した。

「さっきから好きだとちゃんと言っている」と言った鮫島に、清子は無理に言わせた感丸出しだと突っぱねる。

ああ言えばこう言う、堂々巡りが続く中、清子は泣きながら伝えた。

成悟さん知ってるくせに!私がこういうの慣れてないって…

こんなにも好きになった人は初めてなのだから、ちゃんと鮫島にも好きだと言ってくれないと分からないと。

鮫島は清子の本心を聞けて安堵し、わんわんと泣く清子を抱き締めた。

けど、と鮫島は言った。

お互い好きとか一切ナシの方向でっ!…って自分が言ったんだけど覚えてる?

それは酔った勢いで結婚した時に、清子が鮫島に言った言葉だった。

もちろん酔っぱらっていた清子が覚えているはずもなく、清子は土下座して謝る。
鮫島は酔っていてもそれがきっと彼女の本心だろうと思い受け入れたのだと言う。

清子にとってはこの結婚は都合のいい程度の関係の始まりだが、

俺は…ずっと前から君を好きだったんだよ

鮫島は照れながら清子に伝えた。

ちゃんと手を握り、目を見つめながら好きだと言ってくれた鮫島に、清子はまた泣きだす。

誰よりも愛している

その言葉に、清子は半年経ってからする約束だったプロポーズの返事を言うのであった。

ひとこと
それはもちろん…!?

↓続きが気になる方はこちら!↓

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 16巻の評価

ストーリー
5.0
エロさ
5.0
胸キュン
5.0
総合評価
5.0

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 16巻の感想

いかがだったでしょうか?

清子は清子で色々と悩み、鮫島は鮫島で清子のことを考えて気持ちを伝えなかったんですね。
前回もそうでしたが、いくら態度で示して見せても気持ちを口に出して伝えないとやはりうまくは伝わりませんね…。

離婚の危機は訪れましたが結果的にまた2人の絆が強く結びついたので、雨降って地固まったのかなと思います!

次回は2人のラブラブなシーンから始まりますが、その後のストーリーはどうなるのでしょうか。
朝日の件もまだ解決してませんし、続きが気になりますね…!

クロエ
クロエ

あ~別れるって言葉に鮫島が分かったって返した時はどうなるかと思ったわ…。

ことり
ことり

えっ、いいの!?って思わず口に出しちゃったよ、私…笑

クロエ
クロエ

それくらいびっくりしたもの~。
でも、ちゃんと仲直り?できてよかったわ。

ことり
ことり

一件落着だね。
これで今まで以上に仲のいい2人が見られるといいね!

さて、今日はここまで!
それでは皆さん、次回をお楽しみに~!