お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!~ 22巻 あらすじ ネタバレ【女の影が鮫島に急接近…!?】

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!~ 22巻 あらすじ ネタバレ【女の影が鮫島に急接近…!?】TL系
この記事は約7分で読めます。
クロエ
クロエ

ことりちゃん、今日はどんな漫画を紹介してくれるの?

ことり
ことり

今回は、羽柴みず先生の『お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 22巻』の紹介をしていくよ!

ことり
ことり

前回は謎の女性が鮫島に急接近したね…。

クロエ
クロエ

名前を呼び合う仲だから、結構親密そうな感じだったわね…。

クロエ
クロエ

前回を見逃した~><!」って方はこちらを先に見てくださいね~!
↓↓↓
お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 21巻のあらすじとネタバレを見る

ことり
ことり

まずはあらすじから、どうぞ!

↓試し読みしたい方はこちら!↓

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 22巻のあらすじ

雪野 清子(33)【ゆきの きよこ】は苦労して見つけた婚約者に逃げられたショックにより、上司である鮫島 成悟(35)【さめじま せいご】と酔った勢いで一夜を過ごし、更に結婚までしてしまうが、紆余曲折を経て2人は本当に結ばれる事に。

両親への挨拶を終えて旅館に泊まり深く愛し合った2人。
帰り道、鮫島が改めて清子にプロポーズし、半年後に返事をする事に。

そして、改めて2人の夫婦生活が始まるのだが、そこに昔世話になったという結婚式場の社長である朝日【あさひ】が登場。

なにやら清子に顧客以上のただならぬ感情を持っている事に気付いた鮫島。
嫉妬に駆られ清子と初の大喧嘩になるも、すぐに仲直りして2人はまたラブラブに。

しかし、清子の誕生日の朝、職場に朝日が現れ融資を理由に清子に迫る。
そして、何故か婚約破棄についてまで知っているらしく、清子は仕方なく朝日に連れられ料亭の個室で話をする事となるが、鮫島が颯爽と現れ清子を無事家へと連れ帰った。

結局、誕生日プレゼントだったレストランへは行けなかったが、鮫島はちゃんと他にもプレゼントを用意していた。

鮫島の愛情を感じ、幸福を感じる清子。

ある日、仕事がうまく行かない清子を見た鮫島は清子をピクニックへと誘い出すが、そこで元支店に勤務していた本田みおと出会ってしまう。

なんやかんや、清子と本田の間にあった誤解も解けラブホへ向かった鮫島と清子が更に仲良くなると思いきや、まさかの別れ話になってしまう。

しかし、そのおかげかお互いの本心をぶつけ合う良い機会にもなり、清子はようやく鮫島から「好きだ」という言葉が聞けたのであった。

鮫島に本心を吐露したおかげで、朝日に損得勘定なしにいち銀行員としてプランを提案した上で融資をしてもらおうと、伊藤と共に朝日との直接対決へ。

無事に戦いを制した清子は、改めて自分達の結婚式について計画し始める前にまずは本田の結婚式に参列するが、そこで男に拉致されてしまう。

鮫島の起点により清子は無事救われ、本田の式も無事に終わると、いよいよ今度は自分たちの式の準備が始まる。

しかし、そんな中で鮫島は愛佳【まなか】と呼ばれる女性と偶然出会ってしまい――。

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 22巻のネタバレ

これで間違いない…!

その日、清子は仕事を終え家に帰ると、真剣な表情でスマホを睨みつけていた。
見ているのは初心者向けのレシピサイトで、メニューは煮込みハンバーグだ。

個人的にはもう少しインパクトのある料理にしたかったが、前回のチョコミソサバ事件(※8話参照)で学習した清子はなんとかその考えを掻き消す。
味見をしながらそうこう悩んでいる時、鮫島が丁度帰宅した。

鮫島は部屋に入るなり「いい匂いだ」と料理の存在に気付く。
その反応に清子はすかさず得意気にするが、実はハンバーグのタネは鮫島が作り置きしていた物だったのですぐにしおらしくなる。

鮫島はそんな清子に「夫婦合作だな」と笑った。

鞄を鮫島から受け取るために近づいた清子は、ふと彼から体臭や料理とは違う香りに気付く。

匂いの正体を確かめようと首元をスンスン嗅ぐと、ぱっと顔を上げた。

私この匂い…好き!

驚く鮫島だが、清子は匂いの正体について考え込み、すぐに思い出す。

考え込むのに夢中になりすぎて、鮫島が冷たい表情をしているのにも気が付いていない様子だった。

お母さんのお出かけ扇子の匂いだ!

扇子ならば…と鮫島は「白檀かな」と冷静に返事をする。
取引先に行った時に付いた物らしい。

そして、この香りが料理に混ざったら申し訳ないと言いながら、そそくさと風呂に向かったのであった。
清子は鮫島の行動に少し違和感がありながらも、それ以上は特に何も言わなかった。

ひとこと
近付かないと分からない香りなら気にしなくても良いと思うけどな…。

その翌日、職場では伊藤が同僚の女子社員に相談に乗っていた。

浮気の確率80%

女子社員の相談と言うのは、彼氏の浮気についてだった。

急に帰りが遅くなる、妙に優しい、女の匂いがして、スマホもトイレや風呂に持ち込む等…。
そんな話を聞きながら、清子は少しだけ身に覚えがあると感じていた。

しかし、すぐにその考えを消して否定する。
毎晩毎晩愛し合っているのに、それ以上に浮気する体力なんてないはずだ、と。

そうこう考えていたからか、鮫島からタイミング良く連絡が来る。
「仕事で遅くなる。食事も済ませる」という内容だった。

それならばと清子は退社後足を伸ばし、以前から目を付けていたラーメン屋で至福の一杯を堪能した。
遠回りしたかいがあったと満腹になり満足していると、道端で遠くの方に鮫島の背中を見付けた。

人混みの中でも天然パーマの彼は見付けやすく、間違いようがなかった。
仕事とはいえ会社からすごく離れている場所で見つけるなんて意外だと思っていると、清子は鮫島が1人でないことに気付いてしまう。

あれ…一緒にいるのって

清子はすぐに、その女性が先日ホテルでぶつかってしまった人と同一人物だと思い出した。

しかし、そんなに考える暇もなく2人はタクシーに乗り込み走り去ってしまう。

ひとこと
鮫島は仕事って言ってたけど…。

↓鮫島と一緒に居る女性って…!?↓

家に帰ってからも、清子は抜け殻のように着替えもせずベッドに倒れ込みボーっと天井を眺めていた。

仕事って言ってたのに…

ホテルで会った時に2人の様子がおかしかったこと、知り合いにしては距離が近かったこと。
なにより、仕事だと言っていたのに2人でああして会っていたこと…。

清子は鮫島に嘘をつかれたのかと疑いそうになった。
だが、すぐに本人が仕事と言っていた以上、自分の勘違いだと考えを改める。

1人で勝手に考えたって答えが出るわけじゃないと納得させようとした時、ふと視界の端にあの封筒をとらえた。

そう、答えがあるのは――…

朝日がくれた、鮫島の身辺調査書だった。

いつかあなたの役に立つときがくる――…

朝日の気になる言葉を思い出して、清子はその封筒を手に取ると…。

ひとこと
中には何が書いてあるの…!?

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 22巻の評価

ストーリー
5.0
エロさ
4.0
胸キュン
5.0
総合評価
5.0

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 22巻の感想

いかがだったでしょうか?

いよいよ自分たちの結婚式の準備だ!という時に、鮫島の昔の知り合いの、しかも綺麗な女性と偶然再会してしまうなんてなんという運命のいたずらなのでしょう…。
しかも職場ではタイムリーに浮気の話題が上がっていて、その条件に鮫島の行動がなんとなく当てはまってしまう…。

もちろん清子としては疑っていないでしょうが、不安にはなりますよね。
そんな中で仕事と聞いていたのに愛佳に会っていたのを見付けてしまうと、なおさらもやもやが溜まってしまいます。

開けてはいけないって分かっていても、朝日から貰った書類を見てしまいそうになるのは仕方がないのかもしれません…。
清子が中身を見るのか見ないのか、気になるところですね…!

↓謎の女性の正体とは…?↓

ことり
ことり

鮫島に限って浮気なんてことは無いと思うけど…。

クロエ
クロエ

そうねぇ。でもハッキリ言ってくれないのって少し不安よね。

ことり
ことり

うんうん。
清子もなんだかんだ鮫島を信じたい気持ちが強いから、自分からは言いにくいだろうし。

クロエ
クロエ

今まで女っけなかった鮫島に、初めて自分以外で親しい女性が現れたらしょうがないわよ。
鮫島もちゃんと説明しないといけないと思うわ。

ことり
ことり

清子、この後どうするのか気になるね…!

クロエ
クロエ

そうね、鮫島の行動にもよーく目を光らせておきましょう!

さて、今日はここまで!
それでは皆さん、次回をお楽しみに~!