お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 6巻 あらすじ ネタバレ【こんなの、今まで知らなかった…】

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!~ 6巻 あらすじ ネタバレTL系
この記事は約6分で読めます。
クロエ
クロエ

ことりちゃん、今日はどんな漫画を紹介してくれるの?

ことり
ことり

今回は、お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 6巻の紹介をしていくよ!

クロエ
クロエ

やぁ~っと結ばれたのよねぇ…。
長かったわ…。

ことり
ことり

ひとまず安心したよね笑

クロエ
クロエ

前回を見逃した~><!」って方はこちらを先に見てくださいね~!
↓↓↓
お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 5巻のあらすじとネタバレを見る

ことり
ことり

まずはあらすじから、どうぞ!

↓今すぐにコミックで絵を見ながら読みたい方はこちら!↓

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 6巻のあらすじ

雪野 清子(33)【ゆきの きよこ】は苦労して見つけた婚約者に逃げられたショックにより、上司の鮫島 成悟 (35)【さめじま せいご】と酔った勢いで一夜を過ごし、更に結婚までしてしまう。

鮫島に勘違いによって不信感を抱いたり、それが原因で傷付けてしまったり…。
紆余曲折を経て2人はついに結ばれる事に。

深く愛し合った翌朝、清子は自身の危険を顧みずピンチに陥ってしまうが…!

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 6巻のネタバレ

ただでさえ久しぶりだと言うのに、鮫島からこれはまだ序の口だと告げられ、もう無理だと乞う頬を上気させ息も絶え絶えな清子。
しかし、鮫島は冷静な顔をして清子の敏感なトコロを擦りながら言う。

ココ。まぁお好きなご様子だし?それもいいんだけど

鮫島のソレが入ったままで触られ、達したばかりで余計に快感を拾った。
鮫島が声を抑えられない程感じている清子をうつ伏せにする。

鮫島によって教え込まれた良いトコロに当たるソレに、今まで感じた事の無い程の熱が身体から湧き上がって来る清子。
訳の分からない感覚に耐えきれなくなり、鮫島に止めて欲しいと手を伸ばすが、鮫島は決して甘やかさず、ならば理解しなさいと手を払う。

どれだけ気持ちよくなってしまうのか、身体で覚えろ。

ぞくぞくと快感が背中を這っていく。

先程まではダメだと口では言っていたのに、頭は鮫島にもっとぐちゃぐちゃにしてほしいと強請っている。

でもやっぱりダメ!

片隅に残っていた最後の理性で、一瞬我に返った清子は身体を快感で震わせながら鮫島を止めようとしたが、さすがにここは鮫島の方が一枚上手だった。

『抵抗してもやめないで』だったよな?

不敵な笑みで清子のかつて言った台詞を返すと、すぐさま清子の片足を肩に担ぐ。
逃げ場の無くなった清子は、変わる体制や鮫島の動きに理性を手放していった。
快感に向き合った清子は、与えられる刺激に従順だった。

鮫島はゆっくり中を育てていこうとしたのだが、清子の学習の方が早かった。
敏感なトコロを触る前に、中のみで達してしまったのだ。

驚く鮫島に対して、清子は謝る。
鮫島は謝ることではないと返すが、清子が恥ずかしそうに伝えた。

だって、かちょうにも、き、きもちよくなってもらいたかったのに…

快感の余波で呂律の回らない清子の気持ちに、鮫島は嬉しくなる。
中にいるだけでもイイのだが、可愛い奥さんのおねだりともなると旦那としては聞かなければ男が廃るというものだ。

ただでさえ敏感な清子のトコロをむき出しにすると、鮫島は一旦手を止めてから再度身体を動かした。
清子の感じる所を全身触れると、清子は2度目の絶頂を味わった。

しかし、おねだりを聞いた鮫島の動きが止まるはずがない。
清子に深くキスをし、再び激しく動き出すと、今度こそ鮫島も達したのであった。

動きを止めた鮫島は清子に覆いかぶさったまましばらく休憩すると、おもむろに起き上がり使用済みの物を取り去ると、再び新しい物をそれに装着した。
清子が不思議そうに訊くと、鮫島はまた元気になったものを清子に見せつけて言った。

朝までお前を抱き尽くす♥

今まで寝落ちだったりベッドの崩壊だったり仕事だったりで清子に手を出す暇も無かった鮫島の堪忍袋の緒は、とうとう千切れてしまったらしい。
満足するまで鮫島に戴かれる清子なのであった…。

ひとこと
これは我慢させた清子が悪いですよ…笑

翌朝。
散々弄られ筋肉痛で足もガクガクの清子に対して、鮫島はすっきりした顔で寝ていた。
水分も摂らずにしていた為か、清子の喉はカラカラだった。

寝言で清子の名前を呼ぶ鮫島の頬にキスをすると、清子は恥ずかしそうに部屋から出て行った。
一方、キスされた狸寝入りの鮫島は、自分の妻の可愛さに悶絶するのであった。

目的地に着いた清子は、自販機コーナーで小競り合いが繰り広げられているのを目の当たりにする。
どうやら男性2人が嫌がる女性2人を無理矢理ナンパしている様だった。
ナンパ内容も下品で、近づいて見ると男達は相当酔っ払っていた。

正義感の強い清子は思わず4人の間に入り女性を逃してやると、標的は自動的に清子に。
しつこく強引なナンパに対して手を払うと、運が悪く片方の男が持っていたビールに当たり、もう片方の男にビールが掛かってしまった。

これには流石に酔っ払っていた男も激怒し、清子を殴りかかろうとしたその瞬間。
すかさず間に入ったのは鮫島だった。

ウチの妻が何か

いきなり現れた夫に対し、怯んだナンパ男は清子にビールを掛けられたと反論する。
事態を理解した鮫島は男と同じ様に自分の頭からビールを被ると、許してもらえないかと提案する。

しかし、納得しないナンパ男に怒りをあらわにした鮫島が男の襟を掴んだその時、先程逃した女性が係員を呼んで助けに来てくれ、何とか事態は収拾した。
安堵した清子は鮫島に感謝するが、鮫島の怒りは収まらない。

俺は「課長」として君を助けたんじゃない!

それもそのはずだ。
清子は鮫島の事を名前ではなく、「課長」と呼びながら感謝していたのだ。
夫となったのに、いつまでも上司と見られていては気分が良いはずがない。

鮫島は目を据わらせると、それに気づかない清子の手を掴み歩き出した。

君にはどうやらお仕置きが必要なようだ

ひとこと
清子が再び鮫島に美味しく戴かれる運命しか見えません…笑

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 6巻の評価

ストーリー
3.0
エロさ
5.0
胸キュン
4.0
総合評価
4.0

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 6巻の感想

いかがだったでしょうか?

鮫島の清子を愛している気持ちが伝わる回でした。
夜から朝まで、清子は何度愛されたのでしょうか…照

それにしても清子、どうにも鈍感と言いますか天然と言いますか…。
正義感が強いのは良いと思いますが、これでは鮫島の身体がいくつあっても足りませんね笑

このお仕置きで清子が気付いてくれると良いのですが…!

↓コミックで絵を見ながら読みたい方はこちら!↓

クロエ
クロエ

清子のこの性格だと鮫島が大変ねぇ。
でも、それも彼にとっては魅力なのかしら!

ことり
ことり

そりゃあ、全てを含めて好きなんじゃないのかな。
それだと良いなぁ!

クロエ
クロエ

次回のお仕置きの内容も気になって仕方がないわ!

ことり
ことり

今回はここまでにしておきましょう!
それでは皆さん、次回をお楽しみに~!