お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 9巻 あらすじ ネタバレ【新たなライバルの登場で二人の関係が…】

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!~ 9巻 あらすじ ネタバレTL系
この記事は約7分で読めます。
クロエ
クロエ

ことりちゃん、今日はどんな漫画を紹介してくれるの?

ことり
ことり

今回は、お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 9巻の紹介をしていくよ!

クロエ
クロエ

前回の鮫島の台詞…。
続きを早く早く!

ことり
ことり

落ち着いてクロエ!笑

クロエ
クロエ

前回を見逃した~><!」って方はこちらを先に見てくださいね~!
↓↓↓
お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 8巻のあらすじとネタバレを見る

ことり
ことり

まずはあらすじから、どうぞ!

↓今すぐにコミックで絵を見ながら読みたい方はこちら!↓

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 9巻のあらすじ

雪野 清子(33)【ゆきの きよこ】は苦労して見つけた婚約者に逃げられたショックにより、上司の鮫島 成悟(35)【さめじま せいご】と酔った勢いで一夜を過ごし、更に結婚までしてしまうが、紆余曲折を経て2人は本当に結ばれる事に。

両親への挨拶を終えて旅館に泊まり、深く愛し合った2人。
帰り道、鮫島が改めて清子にプロポーズをし、半年後に返事をする事に。

そして、改めて2人の夫婦生活が始まるが、そこに昔世話になったという結婚式場の社長の朝日【あさひ】が清子に近づいて来る…!?

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 9巻のネタバレ

ベッドまでエスコートした清子を横たわらせると、鮫島は服を脱ぎ捨てて再び清子の中へと入っていった。
今まで以上に感じる気持ち良さに、鮫島は確信する。

あー…すんごい子宮降りてきてる

少し動いただけでもぴくぴく反応する清子の下腹部を、鮫島は愛おしそうに触る。

「そんなの知らない」と言う清子だが、キッチンで何かを感じたのは確かだ。
それを鮫島が見逃すはずは無かった。

ここだったな

鮫島のアレが一気に清子の最奥を捉えた。
一気にソコを突かれた瞬間、清子は目の前で何かが弾けた様な感覚に陥り、少し放心状態になる。

強すぎる快感に頭の処理が追いつかない清子に、鮫島は甘く笑って謝った。
だが、その動きは止まるどころかより一層激しさを増すばかりで、手加減なんてするつもりが無い。

鮫島のアレがめり込む度に清子の全身に何かが走り、怖くて逃げ出そうとするが鮫島は清子が逃げられない様に身体を抑え込む。
今にも清子の身体の内側からどうにかなりそうなくらいの快感だった。

鮫島のアレが侵入する度に、清子の中に少しずつ何かが溜まっていく。
そして、それが溢れた瞬間だった。

何か…くる…何…か…

清子のソコが収縮して鮫島のアレをどんどんと締め、頭の中が真っ白になっていく。
鮫島も自身を離さないとばかりにきつく締め上げる清子の中の気持ち良さに耐えきれるはずがない。

2人は同時に達した。
これまで感じた事の無い最高の快感だった。

今までと感じ方がまるで違う…!
力が尽き倒れ込む清子に対して、鮫島は未だ獲物を狙う目をしていた。

「これで終わった」と思い、身体を震わせる清子に対して、鮫島は言う。

清子。逃さないって言っただろう

何度も達した清子を鮫島は容赦なく攻め立てる。
何度懇願しても、鮫島は何処吹く風の様に気にも留めない。

鮫島に突かれる度に、清子は自分の中で何かを失っていくのが分かった。
頭の中にはもう、鮫島の事しかない。

与えられる快感を貪欲に貪る清子は、蕩けた表情で呟いた。

きもちいい…きもちいいよぉ…

そうして、最後に得たものは溢れるほどの快感のみ…。

翌日。
結婚式場へ出向いた2人の纏う雰囲気は真反対だった。
鮫島は昨夜に清子をがっつりと頂いたのでお肌がつやつやで晴れやかだが、清子は暗雲を纏っている。

それもそのはず。
ウェディングプランナーに結婚相手が変わった事をなんと言おうか悩んでいたのだ。

真面目に考える清子だが、鮫島にとっては何という事ではない。
あっけらかんと「強引に押し通せ」と言って笑うだけだった。

ひとこと
こればかりはどうしようもない!
頑張れ清子ー!

しかし、実際に報告する際は案外と簡単なもので、新郎変更は書類に必要事項を記入するだけで終わった。
顧客の事情に深く踏み込んではいけないという冠婚葬祭業の掟に救われた清子なのであった…。

ドレスサロンへ案内される際、鮫島が「お手洗いに行く」と席を立つ。
プランナーと清子の間に流れる気まずい雰囲気に、この事態を説明しようとする清子だが、それを遮る様に1人の男性が声を掛けて来た。
ブライダルプロデュースASAHIの朝日【あさひ】社長だった。

以前連鎖倒産しかけた朝日の会社に融資をしたのが清子で、朝日はそれをとても恩に思っているようだった。
立ち話もそこそこに、朝日は清子の来館理由について聞く。

あくまでも私情を銀行の顧客に言って良いものかと考えた清子は言葉を濁らせる。
そんな清子の様子に、朝日は気付かれない程度にほくそ笑んだ。
ここぞとばかりに「相談に乗る」と身を乗り出した朝日だが、鮫島の声に表情が固まる。

見知らぬ男が清子の隣に当然とばかりに立つものなので困惑する朝日。
しかし、鈍感な清子はそれに気付かず鮫島を夫だと紹介する。

表面上では清子と鮫島の成婚を喜ぶ朝日だが、ふと見せる表情は冷たいものだった。

その後、朝日の提案により、当初担当予定だった清子の案内係を朝日が務める事となった。
ドレスサロンへ着いた清子はすぐに子どもの様に目を輝かせ、サロン担当の女性とドレス選びに夢中となった。

必然的に鮫島と朝日が2人きりとなる。
朝日はあくまでも清子にお世話になった事を鮫島に伝えるが、その表情から清子に対してただならぬ感情を持っている事を鮫島は敏感に感じ取った。

鮫島の朝日を見る目が鋭くなる。
世話話と装いながら明るく質問をする朝日に対して、鮫島は核心を突く質問をする。
朝日の答えが出る前に、清子の試着が終わった。

ひとこと
不穏な雰囲気ですねぇ…。

髪の毛もメイクもアクセサリーも本番さながらにドレスアップされた清子は美しかった。

慣れた様子で褒める朝日に対し、鮫島は目を真ん丸にして呟いた。

きれいだぁ…

思わず出ました、と白状するかの様に顔を真っ赤にして口を押さえる鮫島。
仕事でも私生活でも見たことの無い鮫島の照れる姿に、清子も釣られて照れて顔を赤くした。

しかし、その初々しい雰囲気を壊したのは朝日だった。

清子さんに絶対似合うと思ったんですよその新作!

「自分が選びました!」とでも言いたそうな台詞に嫉妬心を煽られる鮫島。
試着ルームに清子と一緒に入り、清子の首にキスマークを付けると何食わぬ顔でそのまま出て行ってしまった。

その後の試着で、清子が恥ずかしい思いをしたのは言うまでもないだろう…。
帰宅して清子が鮫島に対して怒るのも無理は無かった。

しかし、朝日に対して嫉妬している鮫島も譲れはしない。

彼にあまり近づかないで欲しいな

鈍感な清子は鮫島の真意に気付かず、「良い人だ」と弁解する。

それも遮りドアに清子を押し付けると、鮫島は厳しい表情をして言った。

君の彼への印象がどうであろうと関係ない

ひとこと
落ち着いて鮫島…!

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 9巻の評価

ストーリー
4.0
エロさ
4.0
胸キュン
2.0
総合評価
4.0

お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!?~ 9巻の感想

いかがだったでしょうか?

鮫島によってすごい勢いで開発されていく清子…。
大変なような幸せなような。
いや、きっと幸せですね笑

そして、ついにやってきましたね。
ライバル登場です!
朝日社長もかっこいいので、私はちょっと目移りが…。
おっと、いけないいけない。

清子の鈍感さは魅力ですが、ここまでくると鮫島も大変ですね笑
次回も朝日は出てくるのでしょうか!
清子と鮫島、ついに喧嘩となるのでしょうか…!

↓コミックで絵を見ながら読みたい方はこちら!↓

クロエ
クロエ

清子のドレス姿、綺麗だったわー!
あれじゃあ鮫島が照れるのも無理ないわね!

ことり
ことり

ね!
一度で良いから素敵なティアラに豪華なウエディングドレス、着てみたいなぁ…。

クロエ
クロエ

そうね。
女の憧れよねぇ…。
よぉし、王子様と結婚する為に、クロエ、女を磨くわ!

ことり
ことり

が、頑張れクロエ…。

では、今回はここまでにしておきましょう!
それでは皆さん、次回をお楽しみに~!