忍ぶ恋ほど -好きすぎる旦那さまに溺愛されてます?9巻 あらすじ ネタバレ【あざみに棘のある言葉を言われたあやめ。しかし…?】

忍ぶ恋ほど -好きすぎる旦那さまに溺愛されてます?9巻 あらすじ ネタバレ【あざみに棘のある言葉を言われたあやめ。しかし…?】TL系
この記事は約8分で読めます。
クロエ
クロエ

ことりちゃん、今日はどんな漫画を紹介してくれるの?

ことり
ことり

今回は、鶴来いちろ先生の『忍ぶ恋ほど -好きすぎる旦那さまに溺愛されてます?9巻(act.9)』の紹介をしていくよ!

クロエ
クロエ

前回はあざみの登場で、すこ~し不穏な空気で終わったのよねー。

ことり
ことり

うんうん。
今回もどうやら何かが起こりそうな予感…。

クロエ
クロエ

まずはあらすじから、どうぞ!

ちなみに、「前回を見逃した~><!」って方はこちらを先に見てくださいね~!
↓↓↓
『忍ぶ恋ほど -好きすぎる旦那さまに溺愛されてます?8巻』のあらすじとネタバレを見る

↓とりあえず試し読みしたい方はこちら!↓

忍ぶ恋ほど -好きすぎる旦那さまに溺愛されてます?9巻のあらすじ

ここは忍を育成する里、粟森。

あやめは元気で怪力の持ち主だが、忍としてはまだまだ半人前の下忍。
そんなあやめには憧れの忍がいる。
里随一の天才で上忍の正真【しょうま】様。

幼い頃に一度会って以来、遠くから眺めるだけの憧れの存在だったが、正真が里の長となり嫁を取ることを知り落ち込むあやめ。
失恋を振り切ろうと諜報員になる為、枕指南をして欲しいと祖父に申し出ると、なんと指南役に来たのは正真でそのまま花嫁になる事に!

里の女性達や正真の兄である矢代からも祝福され、あやめ自身も幸せの絶頂に。

しかし、いざ嫁いだあやめは正真の好いた人の事を考えると罪悪感から隠れて泣いてばかりの日々。
そんなあやめを見た正真は、必ずあやめを幸せにすると誓うのであった。

その一方で、正真を良く思わない楷【かい】の思惑により、嫁であるあやめを危険な任務に向かわせる計画が進んでいた。
頭領という立場になってしまった正真には手出し出来ない任務だった。

その任務を言い渡されたあやめは二つ返事でその任務を引き受けた。

四苦八苦しながらもなんとかあやめは立派に任務をこなし、無事に里に帰ってきた。
正真と一つ屋根の下で、また夢の様な幸せな日々を過ごすあやめ。

しかし、先代頭領の代わりとして里を治めて来た空義【うつぎ】の嫁であるあざみは、頭領の嫁が下忍である事にあまり良い顔をしていない。

ある日、正真が不在の時にあやめの元へ訪れたあざみは、あやめがいかに正真と釣り合わないか身の程わきまえてもらおうと色々と話をする。
しかし、あやめの反応はあざみの思う通りにはならず…?

忍ぶ恋ほど -好きすぎる旦那さまに溺愛されてます?9巻のネタバレ

む!

その時、美夜は女の第六感でピーンとあやめの緊急事態を感じ取っていた。

その事をもう一人のくノ一に伝えると、そのくノ一は笑い飛ばす。

任務中のうちらより危険なわけないでしょ

それを言われた美弥は、「それもそうか」と納得する。
「まさか里の中で窮地になったりしないか」と、同じように少し前の自分を笑い飛ばしたのであった――。

しかし、同時刻。
あやめは自宅の一室で確かに窮地に陥っていた。

彼女の目の前にはあざみが座っており、その硬い表情からして仲良くしに来たのではないと分かる。

若い頃には城付きのくノ一として仕えていた、いわば粟森くノ一の頂点であるあざみを前にして、あやめは緊張していた。

一方あざみと言えば、あやめがくノ一としての実力も無い、凡百な娘が正真の嫁になった事を良く思っていなかった。
身の程をわきまえさえる為に、あざみはあやめに棘のある言葉を投げつける。

しかし、あやめはその真意に気付かず、むしろ自分はアドバイスを貰えたのだとあざみに感謝してしまう。
あざみはあやめにどんな事を言っても、毒気の無い反応をされて混乱するしかなかった。

ひとこと
こんな反応されたら、力抜けちゃう笑

そこで、あざみは「もしかするとあやめが身の程をわきまえないのは、正真がいかに優秀で強い忍びか分かっていないからだ」と思い至る。

ならばと”正真が8つの時に、任務で捕まって縛られたまま川を泳ぎ切り生還したというエピソード”をあやめに話す。

それを踏まえて、「正真は並大抵の忍びではないのであなたには釣り合わない」と続けようとしたあざみだが、言い切る前にあやめがその場に倒れ込んでしまう。

慌ててあやめの元に駆け寄り体を起こすと、あやめは息を乱しつつ「突然の推しの情報供給と内容の尊さに呼吸が出来なくなった」と意味不明な事を言い出す。

更には、

もっと…もっとください

と背後にどす黒いものを携えて正真のエピソードをにじり寄りながら要求するあやめに、あざみは言い知れない恐怖を抱くのであった…。

ひとこと
これが…最推しへの愛…!

あやめに詰め寄られうっとおしくなったあざみは話題を変える為、馬の尻尾のように束ねられたあやめの髪の毛を直そうとあやめをその場に座らせた。

何故私がこの娘の世話を

心の中では文句を言いつつもあやめの髪の毛に何度も櫛を通し、髪の毛を整えるあざみ。
あやめはその様子に、少し笑ってしまう。

「何がおかしいの」と眉をひそめるあざみに、あやめは「幼少の頃を思い出した」と言った。
いつになく寂しそうに笑うあやめに、あざみは毅然とした態度で「そのように頼りないことを言って」と叱咤する。

しかし、あざみはあざみで正真が小さい時に、あやめと同じような寂しい気持ちになった事を思い返していた。

ひとこと
手を掛けたいけれども、掛けられないもどかしさ…

髪を整え、再び向かい合って座るあざみとあやめ。

あの子を支えられる嫁でなくては認めるわけにはいきませんよ

改めてあざみはあやめに釘を刺すが、あざみはあやめの思わぬ返事に固まってしまう。

おっしゃる通り私は至らないところばかりでして…
にも関わらず、逆に正真様は笑顔で支えてくださり

岩の方がまだ表情があると言われるくらい無表情な正真の笑顔を、矢代以外で分かるだなんて。

あざみはこの時に気が付いた。

あざみや里の忍びにとって、正真の嫁は役に立つなら誰でも良かった。
しかし、正真にとって、嫁はあやめでなければならなかったのだと。

帰ります

あざみは正真がどうしてあやめを嫁にしたのかが分かり、満足したのか立ち上がりそう告げた。

あやめには認めた訳ではないが、「もう少し様子を見る」と伝える。
そして、「本家にもたまには来なさい」と付け足した。

あやめはそんなあざみのツンとしつつも優しい言葉が嬉しくて、笑顔で元気に返事をした。

その日の夕方、あやめは炊事場で夕げを作りながらあざみに言われた事を思い出した。

本家に入れるには、あなたが妻として及ばないからではないのですか

少し落ち込みそうになっている時に、タイミングよく正真が帰ってきてあやめを呼ぶ。
そこで出迎えてくれたあやめを見て、正真はたまらず彼女を腕の中に収めた。

驚くあやめに、正真はまた任務と言われたのかと聞く。
その言葉で、あやめは正真が自分を心配してくれたのだと気付いた。

あやめはすぐに「任務ではなく、あざみにやってもらった」と伝える。
そして、「あざみに本家にも顔を出すように言われた」と笑顔で報告した。

正真は考えた。

こいつは誰からも愛される

本家に住むのではなく別宅に住むと決めたのも、口では「あやめがのびのびと暮らしてほしいから」と言い訳して。

俺はただ愛しい女を一人占めしたいだけ

まさかそんな子供じみた事をあやめに言えず、正真は黙り込む。

あやめは何も言わない正真に、髪を元に戻した方が良いかと聞く。

あの髪も今もどちらも…

と言いかけ、正真は口を閉じた。

以前教わった「かわいい」ならばいくらでも簡単に言えた。
しかし、今本当に彼女に伝えたいのは

どのようなお前でも愛おしい

という言葉だった。

ひとこと
言っちゃえ、正真様…!

だが、いざ自分の言葉を伝えるのは、なぜかとても気恥ずかしい。

正真はあやめの髪にそっと触れると、あやめを後ろからぎゅっと抱き締め――…。

↓続きが気になる!↓
(試し読みOK)

忍ぶ恋ほど -好きすぎる旦那さまに溺愛されてます?9巻の評価

ストーリー
5.0
エロさ
3.0
胸キュン
5.0
総合評価
5.0

忍ぶ恋ほど -好きすぎる旦那さまに溺愛されてます?9巻の感想

いかがだったでしょうか?

9巻(act.8)で出たあざみが早速勝負しに来ましたね…!
冒頭は少しハラハラしましたが、嫁いびり展開になるかと思いきや、あやめが天然すぎていびりになっていなかったですね笑

正真の母親は今のところ里にいないみたいなので、あざみが実質姑になるのでしょうか。
無事にあざみに認められて良かったです…。

そして、後半では正真の照れ臭そうな感じがたまらなくきゅんとしました~!
うんうん、自分の愛する嫁の事、愛おしいって言いたいけど言えないのね…!

初恋だし、新婚だし、色々あってこんなにゆっくりした時間も久しぶりだしね…!
それがあやめにも伝わったのか、2人とも照れ臭そうにしているのが可愛かったです!

ネタバレでは書かなかったですが、一番最後のページでとある人物がまさかの発言…。
次回のあやめ、どうなっちゃうのでしょうか…!?

↓とある人物の発言が気になる…↓

クロエ
クロエ

あざみ、イイ女じゃないの…。
正真様の事も考えてるし、あやめちゃんの事を知るとちゃんと認めてるし…。

ことり
ことり

わかるー!
先入観だけで人を判断しないところ、すごくかっこいいよね!

クロエ
クロエ

それと正真様の静かな嫉妬心と独占欲はきゅんとしたわね…。

ことり
ことり

表情も口数も少ないからあやめちゃんには伝わらないけど、読者にはダイレクトに伝わるあやめちゃんへの愛…。

クロエ
クロエ

んもう!
正真様に思われすぎて、あやめちゃん羨ましいわぁあああ~!

ことり
ことり

く、クロエ落ち着いて…!

さて、今日はここまで!
それでは皆さん、次回をお楽しみに~!