年上の旦那様1話 あらすじ ネタバレ【既に婚約者がいる姉が言った衝撃の発言とは…?】

年上の旦那様1話 あらすじ ネタバレ【既に婚約者がいる姉が言った衝撃の発言とは…?】TL系
この記事は約7分で読めます。
クロエ
クロエ

ことりちゃん、今日はどんな漫画を紹介してくれるの?

ことり
ことり

今回は、龍本みお先生の『年上の旦那様1話』の紹介をしていくよ!

クロエ
クロエ

政略結婚した年の差夫婦のお話よね~!

ことり
ことり

ヒロインがほわほわしてるんだけど、肝心な時にはしっかりしてるのが良いの!

クロエ
クロエ

結婚相手もイケメンだし、楽しみだわ!

ことり
ことり

まずはあらすじから、どうぞ!

↓今すぐにコミックで絵を見ながら読みたい方はこちら!↓

年上の旦那様1話のあらすじ

小さな頃に初めて会った姉・美玲【みれい】の婚約者として現れた賢一郎に一目惚れした美弥【みや】。

月日が経ち、2人の結婚も間近になったある日、美玲は「本当に好きになった人と結婚する」と姿を消してしまう。
賢一郎との結婚を今更取り消しする訳にもいかず、美弥は美玲の代わりに結婚する事に。

15歳差もある結婚に不安になる賢一郎だが、美弥は好きな人と結婚出来て心底嬉しがっていた。

そして初夜が訪れ、美弥は緊張でつい賢一郎の手を払いのけてしまい…!?

年上の旦那様1話のネタバレ

君が美弥ちゃん?はじめまして

その頃まだ10歳だった美弥【みや】は、姉の婚約者として現れた賢一郎【けんいちろう】に叶わぬ恋をしてしまった。

姉と並ぶ姿が子供心にもかっこよくて、こんなにも素敵な人と結婚するのかとまだ幼い美弥は姉を心底羨ましく思った。

ひとこと
賢一郎を好きなるのは仕方がない…かっこいいもん…。

それから10年経ち、20歳となった美弥はその日も言いつけを守らず母親に怒られていた。
父親から貰った良い着物ではなく、安物の古い着物と自作の帯留めを締めていたからだ。

危険を察知した美弥は本格的にお小言が始まる前にその場から逃げ出す。
そんな2人のやりとりを、姉の美玲【みれい】は微笑ましそうに見ていた。

1人になり外へ出た美弥は、家の庭から眼下に広がる街を眺めながら感慨に浸っていた。
もうすぐ姉は賢一郎と結婚して、この高台に建つ家から出て行ってしまうのだと。
寂しさから流れる涙を堪え、仕方のないことだからと自分を納得させる。

――しかし、その日の夜、事態は急展開を迎える。

自室のベッドで眠っていた美弥はドアの開く音で目を覚ました。
起き上がって見ると、音の正体は美玲であった。
どうしたのかと寝惚け眼な美弥に、美玲は言う。

私今夜ここを出るわ。本当に好きな人と結婚するの

驚き固まる美弥に構わず、美玲は簡素な別れの挨拶をするとするりと部屋を出て行った。

翌日、屋敷では美玲の失踪で大騒ぎになっていた。
父親は取り乱し母親は泣き、使用人は何も出来ずおろおろしていてまさに阿鼻叫喚だ。

父親がここまで取り乱すのも無理はない。
美玲と賢一郎の結婚で動く金の額が莫大だったのだ。

しかし、美玲を探すにしても当てがなければ、警察も家出では動いてくれない。
それでも今更結婚を反故する訳にもいかないという、まさに八方塞がりの状態であった。

頭を抱える両親を見ている時、美弥は美玲の言った事を思い出す。

本当に好きな人と…

姉は自分の見知らぬ人を、美弥は賢一郎を。
これはチャンスだと美弥は考える。

美弥はぎゅっと手を握り覚悟を決めると、両親に向かって言った。

私が代わりに結婚するのではダメですか?

その言葉を聞いた父親は、それしかないと確信し早速行動を開始する。

母親は無理だと反対したが父親に押し切られ、美弥は美玲の代わりとして嫁ぐことになった。

ひとこと
なんというチャンス到来…!

すぐに賢一郎の家へと向かった父親は、賢一郎に深く頭を下げて謝罪した。

事態を把握し驚く賢一郎だが、それは美玲の失踪にではなく美弥が代わりに結婚する事に対してだった。
賢一郎の母親は美玲に比べて美弥の出来の悪さを懸念するも、賢一郎に諌められる。

結局、美弥との結婚を賢一郎は承諾した。

話が終わり部屋を出て1人になると、不安そうにため息をつく。

20歳の子が突然35の男の元に嫁ぐなんて…

遠い記憶にいる幼い美弥を思い出して、賢一郎は今後を憂いた。

結婚式当日、美弥は賢一郎と結婚出来る事を心底喜んでいた。
しかし、表情に現れず嬉しさで体が震える美弥を見て、賢一郎は美弥が無理をして結婚しているのだと勘違いする。

その日の夜、ついに美弥は賢一郎との初夜を迎える事となった。

揃えて並べられた布団の上で正座して向き合う2人。
美弥は恥ずかしさと嬉しさで緊張して、つい伸ばされた手を驚いて拒んでしまう。

反射的に謝り、両手をついて「賢一郎さんの好きにしてください」と頭を下げる美弥。
その言葉に賢一郎は「自分が酷いヒヒジジイに思えてきた」とショックを受ける。
その後、賢一郎は美弥に指一本触れず、ゆっくり休んでと部屋を出たのであった。

結婚から2日経った日の事。
美弥は義母とお花のお稽古をしている最中、「あなたは子供だけ産んでくれたらいい」と言われる。
しかし、美弥は賢一郎とキスはおろかハグもしたことがない。

お稽古が終わり街へ出かけた美弥はふと、ウィンドウにディスプレイされたワンピースを見て思った。

賢一郎さんは、やっぱり姉さまのような洋装のほうが好きなのかな…

ここからだと賢一郎のオフィスも近いはずだ。
美弥は惹かれる様に店へ足を踏み入れた。

その頃、賢一郎は取引先の男達から15歳も年下の若い、姉よりも凡庸な嫁を貰った事をバカにされていた。

若い体を一から仕込むのも悪くない。案外君にはそういう嗜好でもあったのかな?

取引先の手前、下手に言い返せない賢一郎。

そこに美弥が登場し、割り込み挨拶をする。
広瀬の家ではよくしてもらっていると前置きした上で、美弥は賢一郎の傍に立つと相手の目を見据えて言った。

私の夫を侮辱しないでくださいませ

その真っ直ぐな目と、力強い言葉にたじたじになる男達。

賢一郎は初めて見る美弥の新たな一面に驚いた。

ひとこと
美弥かっこいい!!

男達が帰り、自分のオフィスへ美弥を連れてくると、賢一郎は言った。

その服は…どうしたの?

見慣れないワンピース姿に不思議そうな賢一郎に、美弥は「姉みたいな服の方が良いかと思って」と返す。

賢一郎と夫婦になるために、美弥は最善の方法を模索していた。
例え自分が姉の代わりだとしても、愛されなかったとしても、夫婦でありたいという美弥の気持ちだった。

その本音を聞いた賢一郎は、美弥が流されて嫁いだ訳ではなく自分の意思で来たのだと知る。
その気持ちを踏まえた上で、賢一郎は言った。

そのワンピースとても似合ってるよ。でも、俺は和装の美弥ちゃんがいいな

ぼーっとしていて子供のように見えるけど、美弥はもう決して子供ではないのだと賢一郎は思い知る。

その日、寝室では美弥が初夜と同じように布団の上で座って賢一郎を待っていた。

微かな物音を立てて部屋へ入ってくる賢一郎。
その姿に美弥はやっと結ばれるのかと、期待で顔を赤くする。

夫婦になりに来た

賢一郎はそう言うと、美弥の顔を両手ですくい優しくキスをして…。

↓続きが気になる!↓

年上の旦那様1話の評価

ストーリー
5.0
エロさ
4.0
胸キュン
5.0
総合評価
5.0

年上の旦那様1話の感想

いかがだったでしょうか?

好きになった人が姉の婚約者という絶望的な状態で(家の事はさておき)、まさか恋人を飛ばして妻の座が得られる幸運が舞い込んでくるなんて!
私なら1人になった瞬間に嬉しすぎて興奮して地面で転がりますね笑

いつも姉と比べられてきた美弥への神様からのプレゼントなのでしょう。
初恋は実らないってジンクスが適用されなくて良かったです笑

賢一郎は賢一郎で美玲の事が好きだったのかは分かりませんが、思い憂いている様子はないのでひとまず安心しました。
しかも、自分の事よりも美弥の事を優先している所に優しさを感じます。

美弥は感情が表情に表れにくいですが、きっと2人は良い夫婦になると思います。
賢一郎も美弥を知って行く事で、美弥の些細な表情の変化に気付いて行くといいなぁ。

↓気になる部分をコミックで読んでみる↓
(試し読みOK)

クロエ
クロエ

賢一郎、とりあえず今のところは完璧な男ね。

ことり
ことり

家柄よし、顔よし、性格よし、仕事も出来る。
文句の付け所がないね笑

クロエ
クロエ

今は美弥ちゃんが賢一郎にべた惚れだけど、今後は賢一郎が美弥ちゃんにべた惚れすると予想したわ。

ことり
ことり

ありえる。
美弥ちゃん芯の強い子だしね。
個人的に天然が故に賢一郎を翻弄しちゃってるところ見たーい!

クロエ
クロエ

それ、良いわね。
私も見たいわ!!

ことり
ことり

今後のお楽しみだね…!

さて、今日はここまでにしておきましょう!
それでは皆さん、次回をお楽しみに~!