年上の旦那様2話 あらすじ ネタバレ【最近帰りが遅かった賢一郎が計画していた事とは…?】

年上の旦那様2話 あらすじ ネタバレ【最近帰りが遅かった賢一郎が計画していた事とは…?】TL系
この記事は約6分で読めます。
クロエ
クロエ

ことりちゃん、今日はどんな漫画を紹介してくれるの?

ことり
ことり

今回は、龍本みお先生の『年上の旦那様2話』の紹介をしていくよ!

クロエ
クロエ

前回の美弥ちゃん、あの毅然とした態度が格好良かったわ~!

ことり
ことり

賢一郎も惚れ直すよね、あれは…!

クロエ
クロエ

では、まずはあらすじから、どうぞ~!

ちなみに、「前回を見逃した~><!」って方はこちらを先に見てくださいね~!
↓↓↓
『年上の旦那様1話』のあらすじとネタバレを見る

↓今すぐにコミックで絵を見ながら読みたい方はこちら!↓

年上の旦那様2話のあらすじ

小さな頃に初めて会った姉・美玲【みれい】の婚約者として現れた賢一郎に一目惚れした美弥【みや】。

月日が経ち、2人の結婚も間近になったある日、美玲は「本当に好きになった人と結婚する」と姿を消してしまう。
賢一郎との結婚を今更取り消しする訳にもいかず、美弥は美玲の代わりに結婚する事に。

15歳差もある結婚に不安になる賢一郎だが、美弥は好きな人と結婚出来て心底嬉しがっていた。

そして初夜が訪れると、美弥は嬉しさと緊張でつい賢一郎の手を払いのけてしまう。
賢一郎は、美弥が本当は結婚したくなかったのだと誤解するも、美弥は自分の気持ちをきちんと伝えて誤解を解くことに成功する。

その夜、2人は心身共に結ばれたのだが、それから一週間経っても賢一郎は仕事の帰りが遅く中々会えず…!?

年上の旦那様2話のネタバレ

賢一郎と向き合い、無事心身共に結ばれた夜から一週間経った頃。
美弥は縁側で庭を眺めながら、賢一郎の帰りが遅い事に寂しさを感じていた。

そんな彼女にたまたま屋敷を訪れていた賢一郎の叔母が話しかけ、チクチクと嫌味をぶつけ始めた。
着ている着物が安いだの、身体が貧相だから賢一郎の帰りが遅いだのと…。

美弥は賢一郎がそんな事を言うはずがないと分かっていても、そう言われる原因が自分にあると思い、頭を下げて謝ろうとする。

しかし――。

妻をあまりいじめないでください

ひとこと
賢一郎ナイスタイミング…!

美弥の謝罪の言葉は、仕事から帰って来た賢一郎によって遮られた。

美弥は久しぶりに聞いた賢一郎の声に、ぱっと表情を明るくして振り返る。
賢一郎は美弥に甘い表情で「ただいま、美弥」と伝えると、美弥は「おかえりなさい」と返そうとする。

けれど、その言葉は賢一郎の口づけによって止められてしまった。
唇に軽く触れ、舌先で感触を確かめるように優しくなぞり、今度は小鳥のようにはむ。

叔母の目の前で、見せつけるように賢一郎は美弥に愛おしみを込めたキスを送った。

顔を赤くして動揺している叔母に、仕上げだとでも言うように賢一郎は伝えた。

今週末、ふたりで旅行に出掛けるんですよ

叔母はゆっくりしてらしてと口早に言い残すと、そそくさとその場を後にした。

ひとこと
こんなにも熱々なところを見せられたら、誰でもたまらず退出します笑

↓気になる部分をコミックで読んでみる↓
(試し読みOK)

美弥は叔母が居なくなると、賢一郎に旅行について聞いた。

賢一郎は家では息が詰まるだろうからと、二泊三日の旅行を計画していたのだ。
この一週間仕事の帰りが遅かったのも、旅行の為に前倒しで仕事の調整をしていたからだった。

美弥は賢一郎の気遣いが嬉しくて照れていると、賢一郎は美弥に「嫌でなければ」と言いかける。

美弥はまた誤解したのかと思い、慌てて賢一郎のスーツを小さく引っ張って慌てて言った。

行きたいです。嬉しいっ

こうして、2人は夫婦生活が始まって初めての旅行に出掛けることとなった――。

ひとこと
美弥ちゃん嬉しそう…!

旅行当日、美弥は宿泊する旅館に着いても車の中で賢一郎にもたれ掛かりながら眠っている。
日頃の疲れが残っているのだろうと、賢一郎が美弥を抱えて部屋に運ぶ。

美弥が目覚めるのを待って、賢一郎は「先に内風呂に入ってくる」と席を立った。

風呂に入った賢一郎は、どうやって美弥に喜んでもらおうか思案していた。
旅先でまで無理をしてほしくないと考えていると、風呂の外から美弥の声が割って入ってきた。

賢一郎さん、入っていいですか

思わぬ彼女の登場に驚く賢一郎だが、美弥は構わず「背中流します」とバスタオル一枚で入ってくる。

慌てて「そんなことしなくていい」と言う賢一郎に、怒られたと勘違いし落ち込む美弥。
しかし、賢一郎は怒っているのではなく、美弥に楽しい事をしてほしいのだと伝える。

そう言われた美弥は、賢一郎と2人で居られるだけで楽しいと思いつつも、もっと賢一郎に触れたいという思いからついとんでもない事を口走ってしまう。

それじゃあ、賢一郎さんが私を洗ってください

無意識に出て来た言葉に、賢一郎も美弥自身も驚く。

急に恥ずかしくなりはじめた美弥は、赤くなりながら差し出した手を引き戻そうとする。
しかし、その前に賢一郎が美弥の手を繋ぎ止めた。

いいよ。座って

椅子に座った美弥を、賢一郎はスポンジで優しく全身洗っていく。

洗えないからとタオルを取り去り、何事もないように振る舞いながら洗い続ける賢一郎だが、美弥はすぐにその変化に気が付いた。

風呂場に篭る熱気と、タオル一枚でしか隔たりのないお互いの身体。
美弥は求める様に賢一郎の名前を呼ぶと、賢一郎はたまらず美弥の唇に噛み付いた。

泡で滑る指が敏感な場所を行き来し、昂って行く気持ちに賢一郎はたまらず美弥をタオルの上に優しく押し倒すと、欲のままに美弥を求めたのであった…。

↓続きが気になる!↓

年上の旦那様2話の評価

ストーリー
5.0
エロさ
3.0
胸キュン
5.0
総合評価
5.0

年上の旦那様2話の感想

いかがだったでしょうか?

賢一郎側の親族にとっては美玲と結婚してほしかったせいで、何かと冷たく当たられる美弥ですが、賢一郎ならしっかりと美弥を守ってくれるのだと心強くなりました。

美弥はまだ気持ちがあまり表情に表れないですが、前回の反省もあったのか今ではしっかりと自分の気持ちを伝えていて良かったです。

しかも忙しいはずなのに美弥の為にと旅行を考えて休日まで頑張って取ってくれるなんて、なんていい男なのかと思いました!笑

結果的には美弥もすっきりしたけど、賢一郎の方が色々と満たされた旅行になったと思います笑

このままほのぼのとした日々が続くと良いのですが、まだ解決していない問題が色々と…。
今後どうなるのでしょうか…!

↓気になる部分をコミックで読んでみる↓
(試し読みOK)

クロエ
クロエ

賢一郎、どこまで完璧な男なの…!

ことり
ことり

まだ35歳なのに、あの余裕のある感じは本当にすごい…。

クロエ
クロエ

前回ことりちゃんが「賢一郎が翻弄されるところ見たい!」って言ってたけど、割とすぐに見られたわね笑

ことり
ことり

だね。
美弥ちゃんの押せ押せが見ていて気持ちよかった…!
次はどんなことをしてくれるのか、予想が付かなくて楽しみ!

クロエ
クロエ

わかるわー!
ますます次回が楽しみね。

ことり
ことり

次も頑張って紹介するね!笑

さて、今日はここまでにしておきましょう!
それでは皆さん、次回をお楽しみに~!